スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久々に大戦・・・って何回目の久々d(ry

(´・ω・)ノはろろーん

大戦やってみたら意外に勝てる勝てる。

大徳と八卦の二つを使って大徳で○○×。八卦で○○○。

一応ちょこちょこやってたんですが前にやったのが一ヶ月前。

腕落ちてるかなぁーと思ってたらそうでもなかったです><。

あとやたらと『とりあえず』の記事が人気なようですが何かを惹きつけるものがあの記事にはあったのでしょうか。

自己満足リプは追記にて。

八卦しか覚えてないので八卦のリプ><

四戦目

こっち:SR諸葛亮:SR馬超:R魏延:R趙雲:

相手:SR甘寧:R太史慈:R孫権:UC張紘:UC諸葛瑾:

・・・粘り+転進・・・槍二枚か・・・

序盤:

gdgd臭・・・甘寧に諸葛亮踏ませたはいいものを魏延で張紘踏んで押し返される。
その後槍を殲滅するもどんどん押されてく。・・・まずい!趙雲は兵力がやばいから・・・ここは・・・

白銀でいってみようと白銀押した瞬間に気付いた。

諸葛瑾・・・!!



うわーやっちゃった・・・まぁやれるだけ・・・。




「相手が悪かったか・・・」

「出過ぎたか・・・!」

「殿、すみません・・・」





( ゚д゚)!!??

・・・まぁいいや・・・
全滅させた後に柵壊して終了。

中盤:

こっちから攻める。中盤攻めるのはこれまた久々。
粘り相手にどう攻めたらいいのか分からずとりあえず趙雲と魏延に八卦二人がけ。

すると相手が粘り+手腕・・・きっつ!
それでも中々しぶとく両名が生き残り相手に増援を叩かせる。まぁそうきたら普通に再起しますよ。ええ。

終盤:

その後、結構早めに相手が攻めてくる。まともにかち合ったら死ねるなぁ・・・と思い。
こっちからも早めに出して手腕を誘い出す。そしたら相手がのってくれた。
なので即行で逃げる。相手が城門にたどり着くころには手腕が切れてラッキー><。

相手が突撃警戒して甘寧を後ろにしてたのでこれぞ好機と思い馬超と趙雲両サイドから出す。
くくく・・・どっちかにつられたら神速or白銀だ・・・さぁどっちの突撃がくrあっそうですよね白銀警戒するよね。
なので神速を使って張紘を手っ取り早く撃破。こっちも攻城入れてないので馬超を端に向かわせる。

馬超が一撃入れて相手が手腕してこっちが全滅したころにタイムアップ!危ない危ない・・・。
神速を何とか上手く使えたのが大きかったです><。

五戦目:

こっち:中略

相手:SR曹操:Rホウ徳:R賈ク:UC曹仁:UC楽進:

お、久々に相性がよさそうなデッキ・・・いけるかな。

序盤:

前進あるのみ!という感じで槍を前に出したり騎馬を出したりなるべく趙雲で踏んで欲しいんだけどね・・・。
結果は賈クを諸葛亮・・・で多分踏んで曹操は魏延が踏んじゃった( ゚д゚)

今日伏兵でパチる日だったかな・・・。
でもどさくさにまぎれて迎撃を数本取れて端攻城来たりしたけど追い返す。

中盤:

相手が攻めてくる。離間食らうの嫌だから早めに出しt・・・。

「これが私の戦略です!」

・・・ほぅ面白い・・・。

「こんな感じで良いのですかな?」

って返してたら八卦かける時間がなくて離間食らったわぁ!!( ゚д゚)
とりあえず車輪+死に底無いの魏延に八卦一人掛け。
だが相手が求心!これまたきつい!!
だけど何故か追い返せた。なんでだろう。

その後、神速で蹴散らした後に車輪と士気使いまくって攻めた結果攻城がバンバン入る。
半分減るくらい?の手前というか四分の一ぐらいだったと記憶。

終盤:

普通に相手が体制整ってないのに攻めてきたので神速。
・・・で対抗できるわけがない。何せ普通に求心使ってきたし・・・ここは頭を使って・・・。

まず趙雲を突撃寸前まで追い込んだ後に素早く自城前に退く。
そして趙雲を狙った騎兵達を・・・刺すべし!刺すべし!
見事作戦が成功して守りきることに成功!あぁー刺しまくってすっきりした。

とまぁこんな感じでした><。では今日はこれにてノシシ
スポンサーサイト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

comment

Secret

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。